折りたたみ自転車ルノーLIGHT10の購入とサイクルコンピュータSD-548Cの取り付け

スポンサーリンク

以前から折りたたみ自転車が欲しいなと思ってたんですがとうとうとう買いました!

価格等はこちら

RENAULT(ルノー) LIGHT10

スペック等はこちらをご覧ください。

RENAULT BIKES OFFICIAL SITE|ルノー オフィシャルサイト
RENAULT BIKES OFFICIAL SITE(ルノーバイク オフィシャルサイト)

折りたたみなので重いと折りたたみの意味がなくなると思って軽さを一番重視して選びました。
本当は白が欲しかったんですが店舗にあったのが黒だけで、白を注文した場合平日じゃないといつ入荷するかが分からないと言われ、時間が掛かるようだと結局また黒を買いに来ることになるしいろいろ面倒だなと思って妥協しました。

最初は気軽なチョイ乗り用に買ったのでライトだけ付ければいいかなと思ってたんですが、いざ買ってみると走行距離が分からないと嫌だなって思いやっぱりサイクルコンピュータを付けることにしました。

昼間しか乗るつもりはないものの念の為にライトは付けておいた方がいいので、今回はサイクルコンピュータと一緒にライトも付けることにします。
基本的には使わないので100均のですw

サイクルコンピュータは折りたたみ自転車なのでワイヤレスを選びました。
送料無料で1,100円なので無茶苦茶安いです。


フロントフォークにセンサーを取り付けてスポークに磁石を付けるだけなので取り付けは誰でも簡単に出来ると思います。

私はセンサーの上下を間違えたせいで磁石がかなりセンターよりになってしまいました
付け直してもいいんですが動作に問題がなければいいことにします😅

取り付けをする時は固定する前によ~く確認をしましょう。

センサーと磁石の距離は取説によると5mm以内となっていますが、たぶんもう少し離れてても大丈夫だと思います。

取り付けた結果はこんな感じになりました。

サイクルコンピュータはタイヤ周長(タイヤ1周で進む距離)を設定しないといけないのですが、SD-548Cの取説にもタイヤ周長の表があるもののこのタイヤの周長が載っていません。

一番メジャーなサイコンであるキャッツアイのHPで確認しました。
タイヤサイズが20×1.75なので1515mmです。

ついでに家で余っていたボトルホルダーも取り付けました。
一応ここが正規の取り付け位置ですが、角度的に水平に近い為にボトルが落ちると評判ですがどうなるか…

後日軽く走ってみましたがサイコンの方は特に問題ないようでした。
荒川河川敷に行くと河口までの距離が400mおきに書いてあるんですがだいたい合ってました。
ボトルはまだ使ってません。

折りたたみ自転車といういうか、ミニベロもいいもんですね。
昔はロード、MTBに乗っていて、今はクロスバイクしか持っていなくてたまにそれに乗るぐらいだったんですが、ミニベロは気軽に乗れる感じでよいです。
特に足が着く安心感w



タイトルとURLをコピーしました